水商売というものについて

水商売と言えばキャバクラや風俗業を思い浮かべると思います。
しかし本来の意味としては、先の見通しが立ちにくく、世の中の人気等によって収入が大きく変わる商売やそれに従事している人を指す言葉でした。具体的には飲食業や風俗業の他に相撲や歌舞伎などの演芸界や芸能人やスポーツ選手、クリエイターといった職業も含まれている言葉でした。
所以としては、「勝負は水もの」という言葉もあるように、流水のようにどちらにも流れることから来ているという説が今のところ最有力です。
現在は水商売と言うと、先ほど挙げたキャバクラや風俗店などを指す言葉として使うことが一般的です。
こういった水商売は基本的に他の安定している公務員などの職業に比べて、高収入なことが多く、勤務時間も夕方から夜がメインとなっています。日本では昔からの夜の街として知られている新宿の歌舞伎町や、六本木などにこういった職業のお店が集まっています。
仕事内容も、接客業が基本になり、最低限のマナーが必要です。特に高級なクラブが多い銀座や六本木はマナーが良くないと務まらないと言われています。最近は六本木などにはキャバクラが多くできていて、比較的敷居が低くなっている傾向もあります。
時代の流れと共に需要のある水商売の形態は変わってきています。今挙げたような六本木にキャバクラが多くなってきているといったような現象が今後もいろいろな地域で起きていくと思います。






What's New

2013/02/04
新着情報3を更新。
2012/10/24
新着情報2を更新。
2012/04/12
新着情報を更新。
2011/11/08
見た目を更新。
2011/11/08
罰金制度を更新。
2011/11/08
働く理由を更新。
2011/11/08
仕事内容を更新。
2011/11/08
六本木 キャバクラ列島を更新。
2011/11/08
ホームページリニューアル